人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方(柳内啓司 著)読書メモ

パラレルキャリアとは?

こんにちは、しょーじです!パラレルキャリアという言葉をご存知ですか?

Wikipedia様によると、「現在の仕事以外の仕事をもつことや非営利活動に参加することを指す。」だそうです。補足すると現在のキャリアと平行(パラレル)して、キャリアを築いていく働き方だということだと理解しています。

本書はそのパラレルキャリア、現在の仕事以外に週末などを使い別の仕事等(2枚目の名刺)に従事することについて紹介しています。

二枚目を持つことで相乗効果が生まれる

筆者曰く、「二枚目の名刺は、本業との相乗効果を生み、さらに人生を楽しいものにしてくれる。」だそうです。

どうゆうことかと言うと、二枚目の名刺での活躍が、様々な技能の習得やセルフブランディング・差別化に繋がる可能性があるということです。また起業志望の人にとっても、実験的に小さく始めて見て、世の中で受け入れられるかを検証できるメリットがあるとのことです。
エリック・リースのリーンスタートアップや、システム開発のAgile開発に近いものを感じますね。

私はこのパラレルキャリアという働き方に概ね賛成です。特に現在の仕事に閉塞感を感じながらも、辞める勇気はない人にとっては、視野が広がり、良い転換の機会になるのではないでしょうか。(もちろん未だ多くの企業で副業は禁止らしいですが)

自分で幸せを定義する時代

筆者も述べていますが、本当に「自分で自分の幸せを定義する時代」なのだと思います。高度経済成長時代の「一流大学卒からの一流企業に入って高い家買って・・」ってのが幸せ、っていうのは今やイリュージョンになりつつあります。

何が安定なんて誰も分からない時代、自身の専門性を(探して)磨いて、市場に個としてセルフブランディングするのが、一番「安定」なのかもしれません。

パラレルキャリア

色んな色の幸せがある

だたこの専門性というのが厄介ですね。
何を専門性とするのか、どこのフィールドで食っていくのか。
私はいまそれを探すために、色んな人に会い、色んな本を読むように心がけています。

勿論パラレルキャリアに反対される方もいらっしゃると思います。投資とリターンの関係で、やる気があるなら本職を変えるべき、という意見もアリだと思います。ただ誰もがみんな即座にそのような決断ができないのも事実。

一つの選択肢として考える意味はあると思います。少し悩んでる方は読んで損はないかと。ではでは!

関連サイト

参考URLでは関連するイケダハヤトさんのブログと、パラレルキャリア支援サイトもんじゅのURLを載せておきます。興味ある方は是非。私も近いうちに何か参加できたらと思ってます。

「副業解禁」で可視化されるビジネスパーソンの市場価値 : イケハヤ書店 by @IHayato「副業解禁」で可視化されるビジネスパーソンの市場価値 : イケハヤ書店 by @IHayato
パラレルキャリア支援サイト もんじゅパラレルキャリア支援サイト もんじゅ

関連図書

関連図書には同じ柳内さんの本を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント