大企業のほうが成長できるとか完全にウソ、なのか

ちょっと話題になった、ちきりんさんのブログ「大企業のほうが成長できるとか完全にウソ」に、乗っかる形で僕の意見を書いてみようと思います。もちろんベンチャーって一口に言っても、、、とか面倒くさいツッコミは置いといて。

この記事をFacebookでシェアしたところ、同じ会社の方々からこんなコメントを貰いました。

結局は何の力を成長させたいかじゃないですかね?
確かに爆発的に自身の力を成長させたいという人にはこの記事の通りベンチャー企業や起業が近道だと思いますし、大企業では太刀打ちできないと思います。
一方でベンチャー企業や起業では、大人数を管理し、統括する力(言い方は悪いですが…)は学びにくいんじゃないかとも思ってます。

自分がどういう立場で何を成し遂げたいか。
高卒や高専卒でベンチャー企業や起業の道を選び、超一流として活躍するのもいいですが、そういう人たちを繋げ、クッションとなりながら皆で最高の物を作るのもいいんじゃないかなと思います。
そういう夢を持った人には大企業は適してると思いますよ!

一文目には賛成ですが、その他の部分は別意見です。
ただ正直僕もいままでこの意見でした。でも最近は大企業にいる自分が、保身のために思いついた言い訳のような気がしてなりません。特に大人数を管理しManagementする業務が多いとはいえ、果たしてそれが大企業に居るからこそ身につくって話ではない気がするし、むしろ持ちつ持たれつな部分のほうが多いので、リーダーシップを発揮してManagementするなんて、正直現実に即していない気がしてます。

またこんな意見も頂きました。

大企業の方が個人の成長はゆっくりだし、歯車の一部になって働く必要があるけど、その分、大きな組織でしか作れないようなでかいものが作れると思う!

これは、個人の成長はゆっくりと認めた上で、大企業だから生み出せるもの、またそこから得る達成感は大企業ならでは、という意見だと解釈してます(言い過ぎ?笑)。これは概ね同意見です。規模などベンチャーではできないことを大企業だからこそ、やれるってのはある種真理だと思ってます。逆もまた然りだと思うけど。

じゃあ総じて僕の意見ですが、結局は最初にいただいたコメント、「何の力を成長させたいか」だと思ってます。

ただ大企業にいて身につくのは、Management能力とかではなく、世間一般的な処世術がメインだと思ってます。それ以外の能力の成長スピードは小さい組織のほうが早いんじゃないかな。もちろん成長軸以外で大企業にいるメリットを考えれば、給与・福利厚生・社会的信用などなど、上げればキリがないことくらい分かっているつもりです。

ただ一般的な処世術だけじゃ、もし船が沈没した時に1人で泳いでいけるかは分からないけど。イケハヤさん的に言えば、飼いならされた子羊みたいな。あとは大きな組織がどうやって動いているのかが感じられればいいのだけど、大きな組織だからこそそれも見るのは難しいかもね。

僕は社会人になってからまだ大企業しか経験したことないし、小さな組織がどんな感じかなんて、友人からの話や書籍からのイメージしかできない。もしかしたら来月には全然違う考え方をしてるかも知れない。でもとりあえず今はこんな風に思うのでした。皆様はどう考えているのかな。ではでは。

参考:
イケハヤさんも同じテーマで追記的な記事を書いてます。
ihayato.書店:たしかに、大企業の研修は役立たなかった(実体験)
[2014/01 追記]本記事は私の以前のブログから転記したものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする