Googleロゴがオリンピック仕様に!虹色に込められた意味とは!?

Googleロゴがオリンピック仕様に!虹色に込めたのは、ロシア政権のLGBT政策批判!?

こんにちは!家にテレビがないので全くソチ五輪を楽しめてない、しょーじです。

毎回イベントや記念日ごとに変わる、Googleトップページのロゴですが、今回もソチ五輪開幕に併せてロゴが変更されましたね!ヽ(´ー`)ノ

Google

虹色の背景のうえに、冬季スポーツの絵があしらわれ、画面下部には以下のように、オリピック憲章の文章が掲載されています。

「スポーツを行うことは人権の一つである。すべての個人はいかなる種類の差別もなく、オリピック精神によりスポーツを行う機会を与えなけれなばならず、それには、友情、連帯そしてフェアプレーの精神に基づく相互理解が求められる。」オリピック憲章より

ここの時点でニヤリと思う方は、よくご存じの方と思います。

RainbowFlag

なんで五輪の5色じゃない?

でもなんで6色の虹色なんだろう、って思った方は鋭いです。
確かにオリピックといえば、五輪というくらいですし、以下のシンボルマークに使われいる5色が使われるのが当然ですよね。
Olympic

虹色に込められた意味とは

実はこの6色の虹色カラーが使われているのには、ロシア政権のLGBT差別政策への批判が込められているのでは!?と言われています。LGBTとは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー (T)の頭文字を取った総称です。ご存じ方もいらっしゃると思いますが、6色のレインボーフラッグは、LGBTの尊厳と LGBTの社会運動を象徴する旗であり、今回のロゴはロシアを「同性愛プロパガンダ禁止法」を批判しているのでは、と言われています。

Rainbow

ロシア政権の「同性愛プロパガンダ禁止法」とは

「同性愛プロパガンダ禁止法」は昨年成立した法律らしく、同性愛など「非伝統的な性的関係」(?)を未成年者に宣伝(プロパガンダ)する行為を禁止した法律らしいです。同性愛自体を禁止しているわけではないのがポイントですね。

しかし以下のように、法律自体が曖昧なため、ロシア当局によって恣意的な運用が行われるのでは?という懸念も有ります。(以下、2013/08 国立国会図書館調査及び立法考査局「【ロシア】 ゲイ・プロパガンダ禁止法の成立」より引用。)

ロシア政府は、ゲイ・プロパガンダ禁止法は児童の精神的発達を守ることを目的としたものであり、同性愛者そのものを弾圧するものではないとしている。 しかしながら、ゲイ・プロパガンダ禁止法ではどのような行為が具体的に宣伝行為(プロパガンダ)に該当するのかが明示的に示されておらず、当局者によって恣意的な運用が行われる可能性も指摘される。

また以下のハフポストの記事によると、ソチ五輪を迎えるにあたって、ロシア政権のボスは以下のようにコメントしたそうです。([ハフィントンポスト]2014/01/18 プーチン大統領「ただし子供には近づくな」発言に欧米から反発 日本の対応は?より引用。)

ロシアのプーチン大統領は「ソチオリンピックではあらゆる差別は排除される。同性愛者も安心してリラックスしていい」と述べた上で、「ただし、子供たちには近づかないでほしい」と話した。

この発言が批判を呼んでおり、欧州各国の首相がソリ五輪の開会式に参加しないということを招いたようです。余談ですが、日本の安部総理は出席しています。
cf)[毎日新聞]2014/02/08 ソチ五輪:開会式、欧米主要国の首脳らの参加なく

日本でももっと活発な議論を

この件に関して、Google社は正式なコメントを控えていますが、2/8 午後11時現在、該当のロゴは下げられれ、いつものホーム画面に戻っています。

LGBTに関して、日本ではあまり議論がされてないように感じます。学者レベルではされているのかもしれませんが、世論を形成するまでにはまだまだな状態な気がする。

原因の一つは情報が少ないことだと思う。ニュースで報道される時もどこか違う国の他人事だし、学校でもこういった問題に対する教育が少ない。容認するべき、否認するべきっていう以前に、そういった問題を考え、意見を持つ場が少ないと思うのだ。どこかタブーのような感じで、無意識的に避けられている話題な気がする。もっとオープンに議論して良いテーマだと、ぼくは思う。

ただ、あくまで周りの人だけで進めず、LGBT当事者の意見を聞きつつ、慎重に議論を進めるのが大事だと思うけどね。よくありがちなのは、欧州各国に習って、当事者の話を聞かず、方針を決めてしまうこと。前の都知事選のブログにも書いたけど、市民一人ひとりがどれだけ考えられるかに掛かっていると思う。
cf)[ぼくなに日記]ゆとり世代のぼくが、都知事選に思うこと〜家入一真氏への期待〜

ちょっと重いテーマのように感じるけど、カジュアルに考えていけたらいいね。
いいな、と思ったら、自分の周りの人にシェアしてみてください。ではでは!

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、最新のNewsなど、抱負なコンテンツを配信しています。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする