学生のときにやっておくべきこと。

公開日: : Philosophy

学生時代にやっておくべきこと。

こんにちは、しょーじです。早いもので3月ですね!重度の花粉症にはつらい季節がやってきましたが、巷では卒業シーズンですね!ということで、今日は珍しく学生向けの記事をお送りします。

最近会社近くのカフェに入ると、ほぼ100%の確率で、リクルートスーツに身を包んだ就活生が、熱心にOB訪問している姿を目にします。こんな頼りない私の元にも、毎年数回OB訪問に訪れる学生がいるのですが、その時ほぼ必ず聞かれる質問があります。

「学生の時に最もやっておくべきことはなんですか??」

今日はこの質問に対して、私なりに回答するエントリーです。

学生である最大のメリットはなにか。

やっておくべきことは、、、

まずは結論から。私が思う、「学生時代にやっておくべきこと」は、「会いたい人と会うこと」です。人によって分かれる回答が分かれる質問ですが、ある種の確信を持って、この答えを学生に伝えています。ちなみに以下の調査だと、「勉強」が一番みたいですね。余談ですが。
学生時代、もっとやっておけばよかったと思うこと断トツ1位は「勉強」

学生であるメリットは何か?

「学生の時にやっておくべきこと」を考えるために、社会人と学生の違い、さらに言えば学生のメリットは何か考えてみます。これも意見が分かれるところですが、時間があること、と答える人が多い気がします。

確かに社会人に比べ学生の方が、一般的に時間があることが多いです。しかしこの「時間がある」というメリットを、本当の意味で享受できるのは、ある前提条件があると考えています。

それは学生が「学生という身分である」ということです。

Ityou

「学生という身分である」ということ

学生であるということは、即ち多くのことを「学び」の名目のもと、正当化できるということだと思います。「〜ついて分からないので教えて下さい」などなど。

もし彼らが社会人になり、企業間の利害関係に巻き込まれれば、たとえ時間があったとしても、行動は知らずのうちに制限されることでしょう。もちろん学生として、ある程度の自覚は勿論必要だとは思いますが、社会人にくらべ様々なコミュニティーに自由に属することができ、そこで学ぶことができる。これが学生にとって時間があることが強みである、一番の前提条件だと思います。

「学生」だからこそできることを。

会いたい人に会う

では時間があり、学生という身分である、彼らだからこそ出来ること、それが「会いたい人に会う」ことだと思います。

例えば、尊敬する人。起業家でも学者でもいい。どんなに多忙であっても学生からの依頼とあれば、食事、せめてランチぐらいの時間は確保してくることが多いでしょう。

例えば、友人や家族。就職して離れ離れになることもあるかもしれません。お互いの時間を合わせられるうちに会っておいたほうが良いと思います。

例えば、アルバイト。夢の仕事を持ってるのであれば、その業界のアルバイトをして、そこにいる人の話を聞くことで、展望が見えてくるかも知れません。

例えば、外国の人。それは旅行じゃないか、と言われるかも知れませんが、観光名所を訪れるのが目的ではなく、その場所の人に会いに行くのであれば、学生時代にやるべきだと思います。

それって本当に社会人だとできない?

勉強をすべき、という意見も分かります。ただ、それって本当に社会人になるとできないことでしょうか。

旅行をすべき、という意見も分かります。ただ観光名所を回るだけなら、長期休暇を使って行けないこともないんじゃないでしょうか。

時間がないからやるべきだ!というのは分かるのですが、本当にやるべきことは、時間があり且つ「学生という身分」を持っているからこそできること。それは「会いたい人に会う」ことだと、私は思うのです。

会いたい人に会うためには?

Letter

自分が直接知らない人に会うのは、難しいように感じるかもしれません。ただこれだけソーシャルメディアが発達している現在では、そのハードルは凄まじく低くなったと思います。

例えばTwitter。Twitterで話しかければ、リプライを返してくれるかもしれません。

例えばFacebook。Facebookで会いたい人をフォローしておけば、その人の行動やイベント情報をチェックできるかもしれません。

例えばブログ。気になる人の本の書評をブログで書けば、目に留めてもらえるかもしれません。

人の人生観を変えるのも、また人である。

方法はいくらでもあります。ちなみに今挙げた方法は、私が結構実践したことあるのでオススメです。私がブログやってる理由の一つでも有ります。もちろん失敗する可能性もあるけど、やらないに越したことはない(成功したら儲けもの)、話を聞くだけで自分の人生感が変わる可能性は多いにありえます。

人の人生観を変えるのも、また人であると思う。多くの魅力的な人に出会えば出会うほど、その人もまた魅力的になっていくと思います。また本を読むっていうのも、見方によっては、「人に会う」ひとつの方法かもね。

曖昧なアドバイスかつ、主観的戯言ではありますが、多くの学生の一助になれば幸いです。ではでは!

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

関連記事

hand

雪かきコミュニケイションから思うこと。

徒然なるままに、日暮し、MacBookに向かいて、心に移り行くよしなしごとを……、今回はそんな感じで

記事を読む

料理男子

料理男子が少子化を救う!?24歳独身男性が自炊を始めた理由。

一人暮しを始めて1年、自炊を始めた理由。 久しぶりにコラム系記事です。本当に私事で申し訳ないのです

記事を読む

no image

情報を呼吸させる場として

社会人になって、はや1年弱。 どうしても大きな組織の中にいると、井の中の蛙になりがちで、

記事を読む

train

どうやったら満員電車をなくせるか、ゆるーく考えてみた。

満員電車なんて嫌いだ。 こんにちは、しょーじです。ぼくは会社まで徒歩圏内(もしくはバス)ということ

記事を読む

違い

相手と分かり合うには、自分以外は全員「他人」だと理解することから始めよ。

自分以外は全員「他人」なのだ。 こんにちは、しょーじです。今日は普段考えていることを書こうと思いま

記事を読む

tokyoTOWER

ゆとり世代のぼくが、都知事選に思うこと〜家入一真氏への期待〜

ゆとり世代のぼくが、都知事選に思うこと〜家入一真氏への期待〜 こんにちは、1989年生まれ、バッチ

記事を読む

単なる害虫駆除で終わるな〜アクリフーズ農薬混入事件について思うこと〜

アクリフーズ/マルハニチロの農薬混入事件について思うこと。 ・[日経新聞]2014/01/26 農

記事を読む

hair

行きつけの美容師さんに、理美容業界について教えてもらったよ。

昔から通っている美容室のスタイリストさんに、色々教えてもらった話が面白かったので、忘れないうちに。

記事を読む

sns

初対面の人をSNSで事前リサーチするのってアリ?

初対面の人をSNSで事前リサーチ。これってマナー違反?? 営業マンAさんの行動は、SNSマナー違反

記事を読む

都庁

ゆとり世代の僕が、都知事選を振り返ってみる。

都知事選の感想を、いまさら書いてみる 都知事選の数日前に書いた記事、「ゆとり世代のぼくが、都知事選

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Amazonクラシックカード
Amazonカードvs楽天カードで比較!お得なのはどっち?

こんにちは、巷ではAmazonカードが復活して、ちょっとした話題になっ

2014年のおすすめ厳選15冊を紹介します!!

今年2014年に読んだ名本、15冊を紹介します! 2014年も終わり

「新年の目標」を「明日の目標」に!今すぐ動けば、未来は早く訪れる?

年の瀬、いかがお過ごしでしょうか。クリスマスも終わり、仕事納めされた方

NPOこそマーケティングに力を入れよ!地道な仮説検証が社会を変える!?

NPOマーケティングフォーラム2014に行ってきたよ! NPOのマー

GoogleBelieve
Google 非営利団体向けアワード「Googleインパクトチャレンジ」発表!

NPO向けプログラム「Googleインパクトチャレンジ」! 本日(2

→もっと見る

PAGE TOP ↑