3.11を迎えるにあたって。

今日は2014年3月11日。丸3年が経ちます。

こんにちは、しょーじです。今日は3月11日。被害日本大震災から丸三年。当時のぼくは就職活動中。企業の説明会に参加しているときに被災し、そのまま一夜をそのビルで過ごしました。(ありがとう、ダイキン工業様)

その時はあんな大災害だとは思わず、まるで映画を見ている感覚で、洪水に巻き込まれる街が映し出された、テレビ中継を眺めていました。そんな大災害から丸三年。すこし振り返ってみるエントリーです。

この動画をみてほしい。

刺さるメディア「dropout」にも取り上げられた、この動画。dropoutでは「耳元で鳴り響く様々な叫び、音で聞く3.11。彼らの表情から、あなたは何を感じ取れるだろうか。(参照)」と紹介されていました。(音声有りで聴いてくださいね。)

刺さる動画

いかがだったでしょうか。鳴り響く叫び声や、それを聴く外国人の方の表情から、3年前のことが想起されます。ぼくにとって、まさに「刺さる」動画でした。

ぼくらは何ができたのか

何もできなかった

三年前の震災から今日に至るまで、何ができたか。そう考えると何もできなかったというのが、ぼく個人の感想です。もちろん身近な義援金募金や、ネット上の情報の拡散は意欲的にやったつもりだけど、もっとやれたんじゃないか、と思ってやみません。

散々あった東北派遣のボランティアも、「スケジュールが」とか「お金もったいない」とか、何らかの言い訳に似たブレーキが走って、結局やるやる詐欺になってしまったと後悔しています。

復興はまだまだ、という事さえ

先の動画のコメントには、「復興はまだまだこれから。」や「道のりは遠い。」というコメントが溢れています。ただ今の僕にはそれすら判断できないのが情けない。復興に関する一次情報に触れてないからか、入ってくるのは人づての話だし、「忘れちゃいけない。復興はこれから。」って言っとけばokみたいな感覚もある気がする。それが何とも自分の中で、もどかしく、痒い。

今年こそ自分で動く。

これから一年は自分で動いて、考える年にしたいと思っています。ですので、各NPOのみなさま、何か気軽にお手伝いすることがあれば、ご連絡ください。東北のために、というより、自分のために、というほうが強い人間ですが、何かお役に立ちたいと考えています。( bokunani.com@gmail.com )

Yahoo!の粋な取り組み

Yahoo!さんが粋な取り組みをしていますので、ご紹介します。以下の動画でも説明されていますが、「3月11日に「Yahoo!検索」で「3.11」を検索すると、ユーザーに代わって1人につき10円を被災地の財団に寄付する」という取り組みを行うそうです。

この動画自体も2011年3月11日から14年1月29日までの震災関連キーワードの検索数を文字の大きさに換算して表し、時系列に表示する仕組みになっているようで、なかなか興味深いです。やるじゃん、Yahoo!今日だけはYahoo!ユーザーになります。

ぼくらは何を学んだか

最後に教訓として何を学んだか、ですが、これも活かしきれていない気がします。それを突いた、いいページがあったのでご紹介します。

今日は2011年3月10日かもしれない。

このサイトは「今日は2011年3月10日かもしれない。」をキーワードに、震災前日の2011年3月10日のツイートと、直後の3月11日をまとめており、「なんでもない日常のすぐ先に、非日常はある。」と訴えています。

3 11

2011年3月10日(東日本大震災の起こる1日前)のツイートをまとめました。なんでもない日常のすぐ先に、非日常はある。地震はまた必ずやってきます。この文章を読んだ1分後かもしれないし、明日かもしれないし、10年後かもしれない。だから、防災の準備がまだの人は今すぐに。

防災対策だけでなく、会いたい人に会うのも出来るうちにやっておくべきことですね。一期一会や合縁奇縁とも言いますが、一瞬一瞬を大事にして生きていきたいものです。

防災の日は9/1ですが、個人的には3/11に変更したほうが、国民の意識も高まるんじゃないかな。一年の一度の3月11日。すこし思いを巡らして、周りを見渡してみるのも良いかと存じます。ではでは。

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする