初対面の人をSNSで事前リサーチするのってアリ?

初対面の人をSNSで事前リサーチ。これってマナー違反??

営業マンAさんの行動は、SNSマナー違反??

こんにちは、しょーじです。突然ですが、以下のAさんの行動について、あなたはどう思いますか?

Aさんは営業マンです。明日は得意先のBさんと打ち合わせの予定です。AさんとBさんは初対面なので、事前にAさんはFacebookやTwitterを使ってBさんのことを調べることにしました。

BさんのFacebookを見てみると、ゴルフの写真や、ももクロライブの写真が上がっていました。「Bさんはゴルフとももクロが趣味なのか。」

事前のリサーチの甲斐あって、Bさんとの会話は大盛り上がり。打ち合わせもスムーズに進めることができました。

当たり前 or 気持ち悪い

SNSを使って調べることについて、すこし意見が別れるだろうと思います。「事前に相手のことを調べるなんて当然。」という方や、「プライベートで使うSNSまで調べるなんて気持ち悪い。」と感じる方もいるでしょう。もしかしたら、「調べる姿勢はいいけど、SNSはやりすぎ。」「プライベートの初対面ならokだけど、ビジネスではアウト。」なんて方もいるかもしれません。

Face

就活生のOB訪問にて

上記の例は私が考えた架空の例ですが、実は就活生バージョン、即ち就活生がOB訪問先の先輩のことを事前に調べており、それも知ったOB側が気持ち悪く感じた、という例を知っています。

この例を少しいじり、今回の例を作りました。自分がリサーチされる立場に立って考えてみて、あなたはどう考えますか?

公開することにSNSは意味があると思う。

前置きはこれまでにして、僕の意見を述べますと、「全然あり、むしろ当然」というのが僕の考えです。むしろ就活生の例で言えば、それくらいしておいて欲しいとさえ思います。

なぜか。それはSNSは公開することに意味があると思うからです。実際事前にその人のことをリサーチすることによって、話はうまく進むことは多々有ります。

幾らでも対処法はある

もしリサーチされることに抵抗があるなら、Twitterなら鍵をかけるなり、Facebookなら非公開設定するなり、いくらでも対処法もあります。そもそもSNSをやらないという手もあります。

それらをせず、見える状態にしておきながら、リサーチされたことに、異を唱えるのはお門違いなのです。責めるなら、自分のSNSリテラシーの無さを嘆き責めるべきです。

Keepout

誰かに知って見てもらうためにSNSはある

全く誰にも見られたくないのに、SNSをやっている方は、おそらくいないと思います。きっと誰か、(それは不特定多数か限定した友人の範囲かは分からないですが、)に見てもらいたいから、SNSに何らかの投稿をするのでしょう。

公開することにSNSは意味があると思う。

以下の記事にもありますが、私より年下の世代ほど、すなわちソーシャルネイティブと呼ばれる平成生まれの方ほど、この傾向は強いと思います。上の世代になればなるほど、SNSでリサーチされることに慣れておらず、気持ち悪いと感じるかもしれません。

就活生があなたのSNSを見てるかも? したたか過ぎる社員プロファイリングの中身と背景

SNSを活かすも殺すもリテラシー次第

実名か匿名かという議論にも繋がりますが、SNSを活かすも殺すもリテラシー次第だと考えています。すなわち自分の投稿を制限なしに公開すれば、不適切と判断され炎上される恐れもありますが、その分多くの方に情報が届き、効果が上がりやすい側面もあります。

SNSは見られるもの、という前提を持ちつつ、本当にプライベートなものだけ非公開設定をする。それ以外は出来る限り公開にし、多くの方に観て頂く可能性を広げる、というのが僕のSNSポリシーです。みなさんはどう考えますか?ではでは。



Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする