教師だろうと入学式休んだっていいんじゃない〜学校組織の脆弱性を憂う〜

高校教諭が入学式を欠席 「息子の入学式に出席のため」

こんにちは、しょーじです。興味深いニュースが話題になってますね。簡単に言うと、学校教諭が自分の子供の入学式を理由に、勤め先の入学式を欠席したことが話題になってます。一応、記事からも引用。

・2014/4/11[埼玉新聞]担任、息子の入学式へ…高校教諭勤務先を欠席、教育長が異例の注意

県西部の県立高校で50代の女性教諭が長男が通う別の高校の入学式に出席するため、担任を務める1年生の入学式(8日)を欠席していたことが分かった。新入生の保護者らは「今の教員は教え子より息子の入学式が大切なのか」と困惑している。

県教育局によると、県内の県立高校では、ほかに男女3人の担任教諭が子息の入学式出席を理由に休暇届を提出し、勤務先の入学式を欠席した。

関根郁夫県教育長は11日に開いた県立高校の校長会で「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」と、この事実を報告した上で「生徒が安心して高校生活をスタートできる体制づくりと心配りに努めてほしい」と異例の“注意”を促した。

関係者によると、入学式の担任紹介の中で校長が女性教諭の欠席理由を説明。女性教諭は「入学式という大切な日に担任として皆さんに会うことができないことをおわびします」という文章を事前に作成し、当日、別の教諭が生徒らに配ったという。

来賓として入学式に出席した江野幸一県議(刷新の会)は「担任の自覚、教師の倫理観が欠如している。欠席理由を聞いた新入生たちの気持ちを考えないのか。校長の管理責任も問われる」と憤慨。

県教育局は「教員としての優先順位を考え行動するよう指導する」としている。

PAK93 aozoraninobirusakura20140405500

割れる意見。容認派が優勢?

この記事を受けて、Yahoo!ニュースでは、担任が『自分の子供の行事』を理由に、学校行事を欠席することについてどう思うか」を議題に、意識調査(実施期間:2014年4月12日~2014年4月22日)を実施しています。

拮抗していますが、4/14現在「問題だと思わない」という容認派が、49.2%と優勢です。ただ同じく40%以上の否認派がいるのも見逃せませんね。

Yahoo

否定派は怒り心頭らしい

ハフポストでも記事に

ハフィントン・ポストでも取り上げられていますが、こちらも賛否両論。Twitterでもコメントを中心に、両方の意見を紹介しています。

高校教諭が入学式を欠席 「息子の入学式に出席のため」という理由は許されるか高校教諭が入学式を欠席 「息子の入学式に出席のため」という理由は許されるか

N866 haikounogetabako500

教師だろうと入学式休んだっていいんじゃない。

然るべき手順を踏んでれば良いかと

さて、僕は意見を言いますと、、、完全に容認派です。

当日急に休んだって言うなら話は違うと思いますが、代わりの教員が対応しているし、不在を詫びる文章も用意しているし、特に問題ないんじゃないでしょうか。

そんなに心配することか。

また「担任がいないことに気付いた新入生や保護者から心配、不安の声が上がった」とありましたが、これもあまり腑に落ちてません。まぁぼくは親になったことはないので、生徒からの目線しか分かりませんが、別に担任が一日いなくても、特に不安になることはないんじゃないのかなぁと思います。せいぜい「休みなんだーへぇー」くらいじゃないかな。

親がいない入学式の方が。

逆に言えば、自分の親のいない入学式の方が、子供は嫌なんじゃないでしょうか。今回は子供が高校生だし、義務教育外ってことで、親は出る必要ない!って意見もあるのも事実です。しかし周りの友達の親が出席しているのに、親が教職についているという理由だけで、その子供が寂しい思いをするのは、何か違う気がします。ましてや子供が幼稚園、小中学生なら尚更だと思います。

教師は聖職者じゃない。ブラック企業化する学校。

教職員の前に、一人の親なんだし、教職員だけに聖職者にたるべき、というのは変な話な気がします。ブラック企業は否定するのに、っていう為末さんのつぶやきは巧いですね。


C785 houkagonokokuban500

誰かが欠けても不安が発生しない組織を目指せ。

分担するために組織がある

担任の先生がいなくても、副担任や別の先生が代替すれば良いのではないでしょうか。学校という一つの組織なんだから、そこは柔軟にやればいいだけの話だと思うのです。

責めるべきは体制の脆弱性

もし仮に生徒や保護者が不安を覚えるのであれば、学校側は反省すべきだと思います。その教師を休ませたことではなく、たったひとりの教師が休んだだけで不安を発生させてしまう体制を。

保護者にも理解させるのも責務

十分に担任の責務が分担され、一人が掛けても問題なく業務が回り状況をつくることが大前提だと思います。その上で、「ウチの学校は担任が休むことがありますが、万全のバックアップ体制があるので問題ありません!」っと、保護者を納得させることが重要な気がします。

こんな記事もありました。

教師は率先して「仕事よりプライベートを優先」する姿勢を見せるべき - 脱社畜ブログ教師は率先して「仕事よりプライベートを優先」する姿勢を見せるべき – 脱社畜ブログ

いいタイトルですね。うまい。

教職は「聖職」であるという幻想 〜学校はブラック企業化している〜 - ヘンテナブログ教職は「聖職」であるという幻想 〜学校はブラック企業化している〜 – ヘンテナブログ

やはり(?)イケハヤさんの物言いが一番過激( ´∀`)笑

「教員が、教え子より息子の入学式を大切にする」のは当たり前 : イケハヤ書店 by @IHayato「教員が、教え子より息子の入学式を大切にする」のは当たり前 : イケハヤ書店 by @IHayato

否認派のブログ記事もあれば読んでみたいな。

余談だけど、RADWIMPSの歌詞を思い出した

本当に余談だけど、この記事を書きながらRADWIMPS「マニフェスト」の歌詞を思い出したので、最後にご紹介。

僕が総理大臣になったら たとえいくら無駄と言われようが
君の家まで電車走らせよう 終点は僕の家までにしよう

その変わりと言ってはなんだけど 日本の国民一人ひとりの
一番大切な人一人の 誕生日を休みにしてあげよう

うん、だれか一人が一日くらい休んだって社会は回るよ、たぶん。ゆとり世代だって言われるかな、ではでは!

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする