どんな偉大なテクノロジーでも、知らなければイノベーションは起きないのだ。

ちょっと思ったことを。

どんどん進化する世界

最近凄まじい早さで世界が進化しているなぁとぼんやり感じます。古い話だとエバーノートが出てきたことだってイノベーションだし、最近だとairbnbとか、先日紹介したスペースマーケットなんて、正に世界の常識を変えうるサービスだと思ってます。

[今さら聞けない]すべてを記憶するメモサービス「Evernote」 | ぼくなに日記 @bokunani_com[今さら聞けない]すべてを記憶するメモサービス「Evernote」 | ぼくなに日記 @bokunani_com
ビジネス版Airbnb!スペースマーケット使うためにイベント企画したい。 | ぼくなに日記 @bokunani_comビジネス版Airbnb!スペースマーケット使うためにイベント企画したい。 | ぼくなに日記 @bokunani_com

近年の起業率がどうなっているかは知らないけど、同世代の方々が新しいサービスを作って、世の中を必死に変えようとしているのを見てると、なんだかこっちまで熱くなってくる。そんな感覚が好きで、ぼくは結構スタートアップ系のピッチイベントで情報を集めたりしてます。

ただ僕みたいに好きでそういう場所に顔出さないかぎり、スゴイ便利で革新的なサービスなのに、知らない人って沢山いるんだなぁと思ったエントリーです。

Technology

万人にイノベーションが届いているわけではない

先日ちょっとしたキッカケで、大学時代の後輩とお茶する機会がありました。その子は今年3月に大学を卒業した新卒一年目だったのですが、「どうやって情報収集してるんですか?」とか色んなことを聞かれ答えているうちに、その子の口から衝撃的な発言が出てきたのです。

「Evernoteって何ですか??」

凍りました。さすがにスペースマーケットやらairbnbは知らなくとも、Evernoteを知らない同世代なんているのかと。全然使ってないけどって人は多いけど、存在すら知らない人は同世代で初めて会いました。

誰も教えてくれない

実家に帰って、母(60over)にこの話をしたところ、彼女は軽く憤りながら、こう言いました。「当たり前じゃない、誰も教えてくれないもの」と。

勿論僕の立場からすると、「情報は教えられるものじゃない、自分から取りに行くものだ」なんて言いたくもなりますが、そんなこと言っても無意味なことは分かっています。

デジタルデバイド

最近はあまり聞かないけど、デジタルデバイドという言葉があります。この言葉が出てきた2000年くらいより、いまの格差の状況は広がっている気がします。勿論それはテクノロジーの急速な進化が理由だと思いますが。

デジタルデバイドとは

パソコンやインターネットなどの情報技術(IT)を使いこなせる者と使いこなせない者の間に生じる、待遇や貧富、機会の格差。個人間の格差の他に、国家間、地域間の格差を指す場合もある。

IT用語事典e-wordsより引用

ぼくらに何ができるか

正直この問題をどうやって解決するか、ぼくにはまだまだ分からないです。街のパソコンスクールに行ったって、せいぜいメールやらMSオフィスの使い方くらいしか教えてくれないだろうし。

Technology2

そうゆうことに問題意識を抱えるNPOやらにコミットするのもいいけど、身近な知らない人に気軽に自分が使っているWebサービスを教えてあげたりするのが第一歩なんだろうな。すべてを救うのは無理だと思うけど。

ということで、僕がPC開いてる時にお会いした方には、気軽に教え合いたいと思ってます。きっと僕より詳しい方なんて、山のようにいるでしょうから、知識を出し惜しみせず、知らない人に伝えていけば、イノベーションももっと浸透するんだろうなぁ。ではでは。


  好きな事で飯を食うために利用したいWebサービス35選|
らふらく^^ ~ブログで飯を食う~
好きな事で飯を食うために利用したいWebサービス35選|
らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする