愛というものは、諦めずにお互いの価値観をすりあわせることだ。

お互いが違うということを理解する。

イケダさんがまた良い記事を書いてらしたので、触発されまして。

転職・独立・移住時の「嫁ブロック」を防止する3つの方法 : イケハヤ書店 by @IHayato転職・独立・移住時の「嫁ブロック」を防止する3つの方法 : イケハヤ書店 by @IHayato

奥様の発言が名言すぎる。

うちの妻は「愛というものは諦めずにお互いの価値観をすりあわせることだね」みたいなことを言っていました。これはまさに至言。どんなアクションを取るにせよ、本気で価値観をぶつけあうことが必要でしょう。

(中略)

「わかりあえない」と諦めるのは早いです。何度も戦うことで、「わかりあえない」ということを「わかりあう」ことができるはずです。一見すると何も前進していないようですが、案外それは重要なフェーズだと思います。まずはダメ元で、お互いにわかりあえないということを、わかりあう努力をしてみましょう。

イケダさん、またイケダさんの奥様と、全く同意見です。ってか、奥様の言葉は名言過ぎますね。「愛というものは諦めずにお互いの価値観をすりあわせることだね」かっこいい。暗唱して、座右の銘にしたいレベル。笑

分かり合えないことを、分かり合う。

よく価値観の違いで別れましたっていう人がいるけど、価値観なんて程度の差こそあれ、違って当たり前だと思う。

僕らは各々違う環境で生まれ、少なからず受けてきた教育や時代が違ったりするんだから、価値観の違う他人なんだ、ということを忘れちゃイカンと思うのです。

むしろ異なる価値観を諦めずにすり合わせる意識があるか、キチンと対話できる関係かどうかが、重要なんだと思う。その点を理解してくれている人は、一緒にいてすごい楽だし、ケンカなんかした記憶が無い。(そう、あなた達のことですよ!笑)

対して、途中で対話を投げ出されたり、違うことを受け入れられない人とは、なかなかやってくのは厳しいと思う。それは恋人関係だけじゃなく、友人であれ、時には家族であれ。

そいえば前にもそんな記事書きましたね。

相手と分かり合うには、自分以外は全員「他人」だと理解することから始めよ。 | ぼくなに日記 @bokunani_com相手と分かり合うには、自分以外は全員「他人」だと理解することから始めよ。 | ぼくなに日記 @bokunani_com

以心伝心なんて幻想だ。

壁ドン

はじめての壁ドン素材使うタイミング!!

きっと僕らのほとんどは超能力者ではないから、相手の考えていることなんてサッパリ分からない。そう、会話しない限り分かりようがないんだ。

すごい気の合う人でさえ、まったく一緒で常に以心伝心なんて有り得ないと思うし、常に会話して、相手と違うことを理解し続けなきゃいけない。

その違いを理解したうえで、じゃあどうやったらお互いが上手くやっていけるかを、根気強く考えて話し合い続けなきゃいけないんだ。何が違っているのかを図示してみたり、お互いの目的やゴールなんかを確認するのもいいかもね。

最後に改めて今回の名言を心に刻もう。

「愛というものは諦めずにお互いの価値観をすりあわせることだね」

イケダ夫妻いいなぁ。ではでは!

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする