美女が本を紹介する書評メディア「美女読書」がイイ感じ!!

また面白いWebメディアが出てきたのでご紹介します。

「本で仕事を楽しくする」美女読書

そのWebメディアの名前は、「美女読書」。「本で仕事を楽しくする」をコンセントに掲げる、書評メディアです。

美女読書美女読書

Bijodokusho

美女の写真と一緒に、ビジネス書を紹介。

言ってしまえば、フツーの書評サイトに美女の写真も貼り付けただけなのですが、そのコンセプト設定は巧いですね。特に紹介している文章を美女が書いているというわけでもないようです。

『美女読書』 は、カワイイ女の子の写真と一緒に、仕事に役立つビジネス書のエッセンスを学べる書評メディアです。

ふだん忙しくて本が読めない人。
読書が苦手でほとんど読む機会がない人。

“ステキな美女” に思わず目を向けてしまうように、“読書の学び” にも目を向けてみませんか?

きっと、新しい知恵や価値観が見つかって、明日の仕事がちょっとだけ楽しくなるはずです。

出典)http://bijodoku.com/concept/

同じ書評を書くにしても、コンセプト設定やブランディングで見え方が全然変わるんだなぁーと、ハッとさせられました。

「働き方」に関する本が中心。

紹介されている本は、最近流行りの働き方に関する本が多いようです。その他にはWebマーケティングだったりメディア論に関する本ですかね。少し例を挙げると、

  • ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく(堀江貴文)
  • 君に友だちはいらない(瀧本哲史)
  • 未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる(ちきりん)

などなど。個人的には好みの本が多くて嬉しい限りです。

美女コンテンツって強いのね

このメディア、どうやら先月5/16にリリースしたようなんですが、リリースして半月ほど、結構バズっているみたいです。

Bijodokusho2

ちょっと前に話題になった「ドアノブ少女」や「美人時計」といい、さすが美女コンテンツって強いのね笑 そのうちビレッジバンガードとかで「美女読書」なんて写真集が発売されてそう笑

ドアノブ少女ドアノブ少女

どこの誰が運営しているのか

ただこのサイト、どこの誰が運営しているのか不明です。通常ブログなりメディアなり、著者紹介や運営会社紹介があるものですが、このサイトに関しては全く見当たりません。おそらく広告と本のアフィリエイトで運営されているとは思うのですが。

その他の書評メディア

これまでの書評メディアといえば、本の要約サイト「Flier」をちょくちょく覗いていました。今回「美女読書」が出てきたわけですが、個人的には両サイトがユーザーを奪い合うことはないかなぁと考えています。そもそも「Flier」は、経営コンサルタントや各分野の専門家が一冊一冊を精読し、要約していることが売りのメディアですし、「美女読書」とコンセプトなどが全く異なるため、同じ書評系メディアとはいえ、上手く住み分けされる気がしてます。

本の要約サイト | flier(フライヤー)本の要約サイト | flier(フライヤー)

課題はコンテンツ量

課題はコンテンツ量だと思います。現在たったの11記事でこれだけアクセスを集めていますが、コンテンツ作成のスピードが上がってくれば、一気にメジャーになる気がします。まぁ美女をキャスティングしたりの手間が掛かるんだろうけど。

本を探したい方、美女を眺めたい方、ぜひ!

目的はどうであれ(笑)、今後注目のwebメディアです!ぜひ運営の方ともお会いしてみたいですね。ではでは!

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします。

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!「ぼくなに日記」のFacebookページでは、当ブログの更新情報だけでなく、web/書籍/政治/NPO/セミナーを中心に、最新のニュースなど豊富なコンテンツをお届けします。ぜひ「いいね!」をクリックしてFacebookページにご参加ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする